パテ処理

以前、新築時の塗装において破風板に打たれている釘の頭にパテを打ち、塗装している場合があったのですが

その使用しているパテが吸水性のある水性タイプを使っていたことにより雨水を吸収し塗膜剥離を起こすケースがよくありましたが、

先日、劣化診断を行ったお家もそのケースで次の写真がその時の様子です・・・

201745202734.JPG 201745202752.JPG

パテの部分だけが剥離を起こしているのがよくわかると思いますが、

対策としては新築工事あるいは改修工事でも雨のあたる箇所には必ず耐水性のパテを使用することが必須になります。

建物を傷める最大の要因は雨水ですから、雨水を寄せ付けない工夫が大切です。

塗装業者の方はもちろん知っていると思いますが、あらためて確認して頂きたいですね!!

 

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ