防水工事の下地処理

北九州市八幡西区、若松区、八幡東区、小倉南区、小倉北区、戸畑区で外壁塗装と屋根塗装を行っている

株式会社ナカガワクリエイトの中川です。

もうすぐ5月になりますが、弊社では梅雨までに塗替えをご検討されているお客様からの劣化診断に追われて

います。特に屋根や屋上の傷みが気になるといった問い合わせが多くなりましたね…

今日はその中でも現在施工中の屋上防水についてお話しいたします。

ウレタン樹脂を使ったアパートの屋上防水工事ですが今日は下地処理の様子をアップします。

まずは高圧洗浄で長年にわたり堆積した埃やごみなどがきれいに洗い流します。

これが高圧洗浄後の状況ですがとてもきれいに洗われて良い下地ができました。

次は樹脂セメントを塗布し表面の小さな凹凸をなくします。

更にこれをもう一度繰り返します。

次の写真が下地処理の完了の様子です。

御覧のとおりとても美しい下地が仕上がりました。

これのより次の工程である防水層の密着が大きく上がります、つまり女性のお化粧でいう

ファンデーションのような役割をするのが下地処理ですね。

つまり、お化粧も防水工事も下地がきれいなほど美しく仕上がるので大切な工程です。

これを適切に行えば仕上げの防水方法はどんな工法でも対応可能です。

これから入梅の前に防水工事をお計画の方で、このような下地処理の方法やどの種類の防水工法がご自宅に

合っているかなどを知りたい方は㈱ナカガワクリエイトまでご連絡いただければ、詳しくご説明差し上げたい

と思います。

梅雨の長雨対策は早めに準備されてください。

お待ちしています。

 

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882

  • お問い合わせ
  • LINE 簡単お問い合わせ
ページ上部へ