プラチナECコート5000

プラチナECコート5000EX

プラチナECコート5000EX 建物への水の侵入を防ぐ「防水性」とフッ素塗料を凌ぐ「高耐候性」を実現した、プレミアム防水塗料。

プラチナECコート5000EXのメリット

耐候性

期待耐用年数18年相当。
フッ素塗料を凌ぐ耐候性で、紫外線などの劣化要因から建物を長期間保護します。

防水性

約600%の伸縮率を持つ塗膜が建物のひび割れに追随。建物のひび割れを表面化させず、水の浸入を防ぎます。

遮熱性

ナノセラミックが、温度上昇の原因となる近赤外線を効果的に反射・放射し、屋根への蓄熱を防ぎます。

防カビ※オプション機能

500種類もの菌に対応の防カビ.防藻剤を配合することで、建物をより美しく、長持ちさせることができます。

プラチナECコート5000EX最大の特長、それは圧倒的な伸縮性
伸びる塗料力健物への水の浸入を防ぎます。

伸びる塗料力健物への水の浸入を防ぎます。

プラチナECコート5000EXは、ピュアアクリル樹脂を使用した外壁用防水塗料で約600%の伸縮率があります。一般塗料では、外壁にひぴが入ると塗膜も一緒に裂け、水が建物内に浸入してしまいますが、プラチナECコート5000EXはこの伸び縮みする性質により、塗膜がひび割れに追随し、水が浸入する隙間を作りません。

雨水の最大の浸入経路「シーリング目地部」に負荷を与えません。

雨水の最大の浸入経路
「シーリング目地部」に負荷を与えません。

シーリング材の上にシリコン、フッ素、無機塗料などの硬質の塗料を施工すると、目地の動きに追随できず、塗膜にひび割れ箇所からシーリング材に亀裂が入り、切断されると、水の浸入経路が発生してしまいます。プラチナECコート5000EXは目地の動きに塗膜が迫随するため、ひび割れが発生しにくく、水を浸入させません。

”水”は建物の様々な劣化の原因となります。だからこそ、建物を守るためには「防水」が重要です。
外壁からの雨漏りは、住宅リフォームで最も多い不具合です。

外壁からの雨漏りは、住宅リフォームで最も多い不具合です。

外壁にひびは入っていませんか?小さなひびであっても水は徐々に建物内に浸入します。水は建物内部を腐食し、カビの繁殖により人の健康を害することもあります。放置すると大掛かりな改修が必要となってしまうことも。

建物内部の腐食を防ぎ、雨漏れを防ぐためには「防水」は非常に重要と言えます。外壁用塗料には防水性に優れた塗料を選ぶことで、雨漏れの発生を未然に防ぐことができるのです。

sample

防水という、”建物を保護する”メンテナンスで、住宅の寿命を大幅に伸ばすことができます。

日本の住宅寿命の平均は約30年。欧米と比べると著しく短いことが分かります。其の理由は、欧米では住宅を半永久的資産と考え、大切にメンテナンスをしているから。日本の住宅も、早期に適切なメンテナンスで劣化要因を防ぎ、劣化箇所をきちんと補修すれば、寿命を伸ばすことができるのです。

耐候性

フッ素樹脂塗料を凌ぐ高い耐候性で住宅を長期にわたって保護します。

期待耐用年数18年相当

促進耐候性試験(スーパーUV)720時間経過後も光沢保持率80%以上を保持。(期待耐用年数18年相当)
紫外線にさらされても長期に劣化しない耐候性を実現しました。

プラチナECコート5000EX 期待耐用年数18年相当

※促進耐候性試験における実測値であり、耐候性を保証するものではありません。
※実際の自然暴露環境下では、下地の状態、施工方法、気象条件により耐候性は異なる場合はがあります。

樹脂が大きく、紫外線に強い。

樹脂が大きく、紫外線に強い。

プラチナECコート5000EXに使用しているピュアアクリル樹脂は一般的なアクリル樹脂より50~100倍大きいのが特徴です。分子量の大きいピュアアクリルは素外線によって破壊される樹脂破壊ポイント(結合箇所)が少なく、一般的なアクリルに比べて高い耐候性を保持します。

耐候性向上のために有機ガラスを配合。

耐候性向上のために有機ガラスを配合。

ガラスには無機ガラスと有機ガラスがあり、塗料の耐候性向上には無機ガラス成分が使用されることも。しかし、無機ガラス成分は硬度が高く、ピュアアクリルの伸縮性を妨げてしまいます。そこで、プラチナECコート5000EXでは柔軟性のある有機ガラス(ポリカーボネイト樹脂)を採用。ピュアアクリルとの相性に優れている有機ガラス成分の使用により塗膜の耐候性向上につながっています。また、分子量の異なる2種類の樹脂を使用することで、隙問なく粒子が配置され、塗膜が緻密になるため、より高い耐候性を実現しました。

「紫外線劣化抑制技術」により、
さらなる耐候性の向上を実現。

「紫外線劣化抑制技術」により、さらなる耐候性の向上を実現。

HALSがラジカルを補足。
ラジカルによる塗膜劣化を抑制。

プラチナECコート5000EXはHALSを配合
※HALS:Hindered Amine Light Stablilizaer(光安定剤)

一般塗料の顔料の主成分「酸化チタン」は、紫外線の影響を受けると樹脂の劣化因子「ラジカル」を発生し、周囲の樹脂を破壊、劣化させてしまいます。プラチナECコート5000EXは、塗料中に発生したラジカルを捕らえる「HALS(光安定剤)」を塗料中に新たに配合。これにより、ラジカルによる樹脂の破壊、劣化を抑制し、塗膜が劣化するのを防ぎます。

防水性

プラチナECコート5000EXの優れた防水性の秘密はピュアアクリル樹脂にあります。
ピュアアクリル樹脂とは?

ピュアアクリル樹脂とは?

一般的にアクリル樹脂塗料は、耐久性の低い塗料だと認知されています。しかし本来アクリルはとても耐久性のある素材で、飛行機の窓や水旋館の水槽にも使用されています。プラチナECコート5000EXは、不純物を一切排除し、超高分子のアクリルのみを使用しました。

ピュアアクリル樹脂の伸縮の仕組み。

ピュアアクリル樹脂の伸縮の仕組み。

プラチナECコート5000EXに含まれる高分子量のアクリル(ピュアアクリル)は絡まり合った構造をしており、建物に動きが発生したときに、軽くなったり密になったりすることで追随します。

※図の構造は伸縮性をわかりやすく伝えるためのイメージであり、実際には不規則に絡まり合っています。

可塑剤を含まないため伸縮性を長期間保持。

可塑剤が気化し
弾性を失った塗膜・シーリング

可塑剤を含まないため伸縮性を長期間保持。

一般的な弾性塗料には塗膜を柔らかくするため可塑剤という成分が含まれているものがありますが、塗膜内の可塑剤は3~5年で気化し、塗膜から抜けてしまいます。こうなると、塗膜は硬 化し伸縮性能を失うため、防水の役割を果たせません。しかし、プラチナECコート5000EXは可塑剤を一切使用していないため、長期に渡って伸縮性を保持するのです。

遮熱性

遠赤外線を効果的に反射・放射し熱の侵入を防ぐ。

塗料に含まれる名のセラミック粒子は、塗膜表面にあたる太陽熱を反射。熱の侵入を防ぎ、表面温度を最大20℃、室内温度を最大5℃低下させます。また塗膜内に吸収されてしまった熱もナノセラミックにより外側に放射されるので、蓄熱も防ぎます。

熱をシャットアウト

オプション機能

抗菌・防カビ・防藻の3大効果を追加して、建物をさらに長持ち・キレイに。
※防カビ性はプラチナECコート5000EXのオプション機能となります。

抗菌スペクトラムの比較

抗菌スペクトラム*の比較
※抗菌剤が阻止できる菌の範囲

米国のデンバーにある世界微生物災害防止学会では、一般建築物から高い頻度で検出されるカビ・最近の種類は57菌と確認されています。既存の防カビ剤の中で評価が高く、市場に最も多く流通している防カビ剤でさえ、32菌に対する阻止効果しかなく、57菌全てを防ぐことはできません。一方、プラチナECコート5000EX専用の防カビ・防藻剤は、500菌もの菌に対応でき、薬剤が気化しないため、持続性があり、健康面や環境面においても安心です。

施工事例

施工事例
「防水性」「耐候性」「遮熱性」に優れたEC-5000PCM(-IR)のハイグレード版防水塗料 プラチナECコート5000EX
プラチナECコート5000EX

EC-5000PCM(IR)は、約600%の高い伸縮率を持つ塗料。伸縮する塗膜が建物のひび割れに追随し、建物への水の浸入を防ぐ「防水性」に優れています。さらに塗膜の最大の劣化要因である紫外線に対して強い「耐候性」、近赤外線を効果的に反射・放射し熱の侵入を防ぐ「遮熱性」など、多くの機能を有する外壁用塗料です。

EC-5000PCM(-IR)の持つ性能に、耐候性を向上させたことで、
より『建物を永く守り続ける』塗料に進化。

優れた「防水性」「耐候性」「遮熱性」を持つEC-5000PCM(-IR)。プラチナECコート5000EXは、紫外線劣化抑制技術により、紫外線による劣化を抑制し、耐候性を向上させることに成功。『建物をより永く守り続ける』ことができるハイグレード塗料へと進化しました。

「防水性」「耐候性」「遮熱性」+「HALS(光庵点在)配合」プラチナECコート5000EX

ラチナECコート5000EX&EC-5000PCM(-IR)性能比較

  EC-5000PCM EC-5000PCM-IR プラチナECコート5000EX
耐候性
促進耐候性(スーパーUV)
600時間クリアー

促進耐候性(スーパーUV)
600時間クリアー

促進耐候性(スーパーUV)
600時間クリアー
防水性
遮熱性 X
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ