コンテンツ

山岡 正和

山岡 正和
目指しているのは“超一流”塗装に魂を懸ける職人 原動力は留まることのない向上心。一切の妥協なく、完璧な塗装を追い求める

山岡 正和(やまおか まさかず)

山岡 正和
職人歴 13年/施工棟数400棟以上
生年月日 1985年11月13日
出身地 福岡県直方市
趣味 野球・サッカー
性格 優しい
保有資格 有機溶剤作業主任者

山岡 正和

職人としての腕をさらに磨くため、現場以外でも努力を怠りません。例えば車や徒歩での移動中でも、塗装後の建物を観察して技術向上の参考にしています。特にサッシ周りなどの細かい部分は職人の腕がよく分かるため、注意して見るようにしています。

いつも胸の真ん中にあるのは、塗装職人になったばかりの頃の「もっとうまくなりたい」という気持ち。自分に妥協を許さない姿勢を貫き、住まいを美しく仕上げることを約束いたします。

常にお客様の期待を超える仕上がりを実現していくためには、全ての現場で魂を燃やし、向上心を持って努力を続けることが絶対条件。これからも完壁な塗装を実現し続けることで、超一流の職人を目指しています。

進化を続ける技術で確かな満足をお約束。緻密な刷毛塗りの技術で完璧な仕上がりを実現する。

道具へのこだわり

道具へのこだわり

刷毛の選定には特に気を遣っており、毛の硬さや長さ・柄の長さなどを入念にチェックして最適なものを選定しています。

また、毛の滑らかさを維持するために、使用後はオリーブオイルを使って洗っています。

施工へのこだわり

下地補修

ひさしの上や壁と軒天の取り合いなどの見えにくい箇所も確実に補修するため、足場に登って全体をくまなくチェックします。また、塗装後に補修跡が残らないようにマスキングテープをクラックの周囲に貼ってから補修しています。

洗浄

サッシ周りなどの養生が必要な箇所は、特に入念に洗浄します。
挨を綺麗に取り除くことで養生テープがうまく密着し、仕上がりも綺麗になります。

養生

養生テープを剥がしたあとに、塗装する箇所とそうでない箇所との境目がガタガタになってしまわないよう、細心の注意を払い 真っ直ぐに貼っていきます。

下塗り

十分な量が塗れていないと上塗り材の密着が弱くなり、良い塗料を使っても剥離などが生じる可能性があります。
規定の塗布量や希釈率を守り、ムラなく均一に塗っていきます。

中塗り・上塗り

刷毛塗りの技術には絶対の自信を持っています。
破風や縦樋、窓枠の周りなどの細かい部分も、全神経を集中させて綺麗に塗っていきます。

施工へのこだわり
施工へのこだわり
施工へのこだわり
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ