コンテンツ

岡本 龍也

岡本 龍也
人生の全てを塗装に賭け千を超える家を守ってきた職人 名工と呼ばれてなお、決して満足せず完璧な仕上がりを貪欲に求め続ける

岡本 龍也(おかもと たつや)

岡本 龍也
職人歴 38年/施工棟数1,000棟以上
生年月日 1960年6月16日
出身地 遠賀郡水巻町
趣味 魚釣り
性格 自分に厳しい
保有資格 一級塗装技能士
二級建築施工管理技士
一級防水施工技士 他

岡本 龍也

『現場はまるで、生き物のようだ。』長いキャリアの中で、常々感じていることです。住まいの劣化具合は、気候や立地などで大きく左右され、全く同じ状態になることはありえません。

例えば下地の劣化が著しかったり何度も塗装している住まいは、通常の塗料との相性が悪く剥がれやすくなる可能性もあります。そのような場合は、ただマニュアル通りに塗るのではなく、冷静に状況を見極めた上で不具合が生じるリスクが低い塗料に変えるよう改善提案することもあります。

ただ丁寧に工事を進めるだけでは一流とはいえません。もっといい仕上がりにできないかと貧欲に考え続け、経験に裏付けされた知識と柔軟な発想で正しい道を示すことができる真のプロフェッショナルこそが、本物の名工だと思います。

日々磨かれていく職人としての誇りと技術。とどまることなき向上意欲で塗装の真髄を探求し続ける。

道具へのこだわり

道具へのこだわり

刷毛やローラーが日々進化を続ける今の時代。今まで使ってきたものだけに固執せず、よりよい道具がないか貧欲に研究する姿勢が塗装職人に求められています。施工道具の展示会に足を運んで最新の情報を収集するなどの努力も怠りません。

施工へのこだわり

下地補修

塗装後に跡が目立たないよう、補修箇所を滑らかに整えるなど、細部にも徹底的にこだわって仕上がりの美しさを追求します。

洗浄

汚れを締麗に落としきるというのは絶対条件。一番気を遣っているのは、周囲に水が飛び散らないように工夫して洗浄する ことです。例えば屋根では、風向きを考慮して養生ビニールを張ることで飛散を防いでいます。

養生

長年の経験の中で考案した方法で養生し、風に吹かれて養生 シートが音を立てたり、雨が降った際に外壁が濡れるのを防ぎます。仕上がりの美しさはもとより、お客様の生活にも配慮した養生をしています。

下塗り

下塗りは塗装工事でもっとも重要な工程です。下地と下塗りの相性が悪ければ塗料がうまく密着しないこともあるため、下地の状態を見極めて最適な塗料を選定しています。

中塗り・上塗り

塗装した直後は誰が塗っても綺麗に見えるものですが、塗り残しがあると数年が経ってから不具合が生じてきます。
何年たっても美しい状態を保つためにムラなく仕上げていきます。

施工へのこだわり
施工へのこだわり
施工へのこだわり
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ