コンテンツ

西村 光照

西村 光照
塗装と真摯に向き合い完璧な仕上がりを追求する。職人だった父から受け継いだプロとして常に全力で尽くす姿勢

西村 光照 (にしむら みつてる)

西村 光照
職人歴 30年/施工棟数850棟以上
生年月日 1969年1月1日
出身地 福岡県北九州市
趣味 インターネット
性格 真面目
保有資格

二級塗装技能士
高所作業車運転者
職長・安全衛生責任者

西村 光照

お客様が想像するよりも更に美しい仕上がりを提供するために、細部まで徹底的にこだわり抜く。そんな、塗装職人が大切にすべき信念は父の背中に学びました。

その信念を胸に抱き、ひとつひとつの工程でこだわりを貫いて塗装しています。例えば塗料の乾燥時間では、色ムラを防ぐため 塗料が乾く前に一面を塗り上げたり、塗料の性能を最大限に引き出すため十分な乾燥時間を確保してから次の工程に移るなどを徹底。

こういった細やかな気くばりで最終的な仕上がりが全く変わってくるため、妥協は絶対にいたしません。お客様に想像以上の満足をお届けするため、こだわりにこだわりを重ねて完壁な塗装工事をおこなうと約束いたします。

職人としての誇りと研ぎ澄まされた技術。細部まで徹底的にこだわり究極の仕上がりを実現する

道具へのこだわり

道具へのこだわり

ローラーは常にベストの状態をキープしたいと考えています。
そのため、新しく使い始めた日であっても、毛先が乱れてきたと感じたらすぐに新品と交換しています。

施工へのこだわり

下地補修

ひび割れを補修した跡が塗装後に残らないように、補修部分をローラーで軽く叩くなどして処理していきます。
下手な処理 をすると余計に目立ってしまうこともあるため、確かな技術が求められる作業です。

洗浄

下地にコケやチョーキングが少しでも残っていると塗装後に不具合が生じる可能性も。
そのため、高圧洗浄は時間をかけて でも入念におこなっていきます。

養生

サッシや玄関周り、天井と壁の継目などは細心の注意を払って養生テープを真っ直ぐに貼っていきます。
そうすることで、塗装後に境目がガタガタにならず綺麗なラインを出すことができます。

下塗り

不具合が起きることのないように、下地の状態を冷静に見極めて塗る回数や塗料の厚みを調整しています。
家によって全く状態が異なるため、とにかく経験がものをいう工程だと思っています。

中塗り・上塗り

施工不良によって塗料の寿命を縮めてしまうことが絶対にないよう、乾燥時間や塗布量などの基準を遵守して塗装します。

施工へのこだわり
施工へのこだわり
施工へのこだわり
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ