コンテンツ

色の見え方の違いについて(心理的効果・面積効果・反射率)

色には様々な効果があります!色の心理的効果を知りましょう。

暖かく感じる(暖色)

暖かく感じる(暖色)

冷たく感じる(寒色)

冷たく感じる(寒色)

温度感がない色(中性色)

温度感がない色(中性色)


※暖色系の色は親しみやすい感じになります。寒色系はスタイリッシュな都会的印象です。

軽い色

軽い色

重い色

重い色

※建物の上の方が明度が高いと安定感があり落ち着き、下の方を明るくすると軽快感を与えます。


大きく見える(膨張色)

大きく見える(膨張色)

小さく見える(収縮色)

小さく見える(収縮色)

※明るい色ほど広がって大きく見えます。暗い色は引き締まって見えますが、こじんまりと感じます。
シルエットをハッキリ見せたい場合は収縮色が効果的です。


派手な感じ

派手な感じ

地味な感じ

地味な感じ

厳粛な感じ

厳粛な感じ

優しい感じ

優しい感じ

※相手に与えたい印象を考えてトーン(色の雰囲気)を選びましょう。優しそうに見える色は人目につきにくいですが、安らぎと親しみを与えます。色相では寒色系(青、青緑)が落ち着いて誠実なイメージを与えます。

面積効果とは?

同じ色でも面積で見る場合と大きな面積では見え方が違います。
明るい色はより明るく、鮮やかな色はより鮮やかに、暗い色はもっと暗く感じます。
小さい色見本のイメージにまどわされないようにしましょう!

小さい見本でうすく感じるピンクも全体では色みを強く感じます。

小さい見本でうすく感じるピンクも全体では色みを強く感じます。

反射率とは?

同じ色でも太陽の光の量が多い時と少ない時では見え方が違います。
反射率の高い晴れの日は、全体的に色が明るく感じます。
日照率の低い地域では、お天気の良い日だけでなく、曇の日の見え方も確認しましょう!

昼間と夕方では色のイメージが変わります。

夕方は赤みを多く含んだ太陽光になるので色みが変化します。色んな時間帯でチェックしましょう!

晴れの日(反射率・大)曇りの日(反射率・小)
昼間・夕方

施工とこだわり

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ