タスペーサーの必要性

ここのところよく雨が降りますが、雨降りになると気になるのが屋根からの漏水ですよね・・・

特に間違った屋根塗装をすると起きるのが毛細管現象による漏水ですね。

スレート瓦の塗り替え時には重なり部分にタスペーサー(縁切り部材)を挿入し毛細管現象による雨水の這い上がりを防止する必要があります。

これを怠ると雨が降るたびに小屋裏に雨水が浸入してきます・・・

20161215192636.JPG 2016121519277.JPG 20161215193736.JPG

写真の様に下塗り乾燥後に1枚の瓦に2箇所挿入し瓦の重なり部分に隙間を設けて雨水を逃がします。

これで漏水は完全に防げますよね・・・

以前は塗装後にヘラを差し入れ縁切りを行っていましたがタスペーサーなる良い部材がつくられましたので

スレート瓦の塗替え予定の方は積極的に使ってくださいね!

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882

  • お問い合わせ
  • LINE 簡単お問い合わせ
ページ上部へ