スレート瓦の下塗り

今日は久しぶりに良い天気で塗装日和でしたね!scissors

ただ今施工中の小倉南区の現場ではこの天気のもとスレート瓦の下塗り(シーラー)を行いました。

次の写真がその状況なのですが・・・

201612722851.JPG

写真の黒く映っているところが既存の塗膜が剥離している部分ですが

屋根素材のセメントが露出しシーラーを吸い込んでしまい黒く映ってますね・・・

この状態のままで仕上げ塗装を行うと密着不良を起こす恐れがあるのですね

2016127222122.JPG

201612722167.JPG

アップで見てみると吸い込んでしまったシーラーの様子がよくわかると思います

では、対応策はというと、適切なインターバルを経過した後、もう一度シーラーを塗り重ね瓦全体の吸い込みを止め

密着力を増すことですね、このことで工期は少し延びてしまいますが塗装の耐久性において大変重要な工程なので怠らないようにすべきですねsign01

屋根塗装に興味のある方は是非覚えていてくださいsign01

大切ですよsign03

 

 

 

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ