屋上ドレン改修工事

北九州市八幡西区と若松区で外壁塗装と屋根塗装を行っている株式会社ナカガワクリエイトの中川です。

今日もブログを更新したいと思います。

本日はコンクリート造の建物の屋上などに設置している「ドレン」と言われる雨水が排出される排水口の

改修工事について書いてみたいと思います。

コンクリート造の屋上で発生する雨漏れでは、ドレンパイプに破損が生じ躯体内に雨水が侵入するといった

原因が時折ありますが、その時の対応策としては既存のドレンパイプに新たに改修用のドレンを挿入し雨漏れを防ぐ

対策を取ります。次の写真がその様子です。

既存の防水層を撤去し新たに鉛製のドレンパイプを挿入しその周りを防水処理します。

この工程により既存のドレンパイプからの漏水は完全に解消でき、最後にドレンカバーを取り付けゴミや異物が入ら

ないようにして完成です。

建築後30年程度を経過したコンクリート建築物に関しては時々見られる劣化現象ですよね。

ご心配な方は時々、ドレン付近の外壁に塗装の剥がれや雨漏れの痕跡がないかチェックすると良いでしょう。

少しでも異常がある場合はドレン廻り、もしくは屋上防水に劣化があるかもしれませんのでお知り合いの業者さんに

見てもらいましょう。

人の体のように早期発見・早期治療が一番効果があります!

弊社でも防水工事や雨漏れの相談は賜っていますのでお気軽にお声をおかけください。

お待ちいています。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882

  • お問い合わせ
  • LINE 簡単お問い合わせ
ページ上部へ