セメント瓦の内部です。

北九州市八幡西区、若松区、八幡東区、小倉北区、小倉南区、戸畑区で外壁塗装と屋根塗装を行っている

株式会社ナカガワクリエイトの中川です。

先日、セメント瓦の現場調査に伺った時の様子ですが、建築後40年以上経過したセメント瓦ですが、

表層の塗膜がほとんどなくなりセメントの素地が露出している状態でした。

瓦を剥いでみると野地板としてバシ板を張られていましたね、且つ表層の防水シートも経年劣化で

破れたままの状態でしたので少しづつ雨水が侵入していると思われます。

メンテナンスの方法としては築40年経過していることと防水シートの状態を考えれば塗装では

十分な耐久性は出ないので、瓦の差し替えが一番有効な工法だとおもいます。

使う素材は耐久性と強風にも強い点から陶器の防災瓦を推奨します。

屋根はお家の中でも一番雨水が入りやすく劣化のスピードも速い点から比較的グレードの高い素材を選ぶ必

要があります。

これから梅雨の後半に差し掛かるので、みなさん雨漏れには十分注意してくださいね。

雨漏れのご相談はナカガワクリエイトまでお電話いただければすぐにお伺いいたします。

お気軽にお声をおかけください、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882

  • お問い合わせ
  • LINE 簡単お問い合わせ
ページ上部へ