防水工事が始まりました。

北九州市八幡西区、若松区、小倉北区、小倉南区、戸畑区、八幡東区で外壁塗装と屋根塗装を行っている㈱ナカガワ

クリエイトの中川です。

今日はただいま施工中の防水工事の材料搬入の様子です。

既存のシート防水を撤去し下地処理をした上からウレタン塗膜防水(絶縁工法)で防水層をつくる工法で行います。

まずは、既存のシート防水をはぎ取り絶縁シートを貼り付けた後にウレタン樹脂を2層塗布し最終工程で

トップコートを塗布するといった工法ですが、これは既存の躯体内に残っている水分が蒸発するときに防水層を

剥がさせるリスクをなくすための工法で、古くて何層も防水層がある場合の改修工事でよく使われます。

その他にも塩ビシートの絶縁工法などもよく使われますので、これから防水工事を予定されてる方は

お付き合いの業者さんと相談しながら検討されるとよいでしょうね…

すでに弊社では、昨日の雨で何件もの雨漏れ調査依頼が入ってきてますが今年は梅雨が長引きそうですし、

放置すると躯体の腐食やシロアリの温床に繋がりますので特に大雨のときは十分に注意が必要です、

お気をつけてください!

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882

  • お問い合わせ
  • LINE 簡単お問い合わせ
ページ上部へ