折半屋根のメンテナンス

北九州市八幡西区、若松区、八幡東区、小倉南区、小倉北区、戸畑区で外壁塗装と屋根塗装を行っているナカガワク

リエイトの中川です。4月に入り陽気もますます暖かくなってきて1年の中でも最も気持ちの良い季節になりまし

た。本日は折半屋根の調査に行ってきましたのでその様子をアップします。

 

写真は折半屋根の雨樋に繋がる切れ込み部周辺の塗膜剝離が目立ちます。この部分は雨水が集中して流れ込むので

金属部の赤錆の発生と塗膜剝離が発生しています。対応策は錆落とし後に防錆処理としてエポキシ系の防錆材を塗布

し仕上げには2液型弱溶剤タイプの塗料で保護をすることが推奨されます、できれば遮熱塗料を使用すると夏場など

は室内の温度が下がり過ごしやすい室内環境が整うと思います。

次は同じ屋根の繋ぎ合わせ部のシーリングが破断し雨水の侵入が予見されます。

こちらは新しくシーリングを打替え表面を塗装で保護するとよいでしょう。

いづれにしてもこの金属屋根の塗り替え工事では雨水を入れないための下地処理の後に塗膜による防錆処理を

施すことが重要です。特に金属屋根は雨に濡れる事と乾燥を繰り返しことで金属の腐食が進んでしまうので

定期的なメンテナンスが欠かせない素材です。

ならびに、これから梅雨にかけてはしっかり管理してください…

屋根塗装や遮熱塗装に関心のある方はナカガワクリエイトの中川まで問合せくださればすぐに対応させていただきま

す。遮熱の実験器具なども用意していますのでよろしくお願いいたします。

お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882

  • お問い合わせ
  • LINE 簡単お問い合わせ
ページ上部へ