スレート屋根から金属屋根に葺き替えます。

八幡西区で外壁・屋根塗装を行っているナカガワクリエイトの中川です。

今日は雨漏れのお話しをしてみようと思います。

ただ今、施工している現場ですが、最近雨漏れが始まったというお客様で、築30年以上経過しており、屋根勾配2.5寸、スレート瓦といったお家ですが

雨漏れの主な原因は緩勾配にスレート瓦を葺いたことで毛細管現象による小屋裏への雨水の侵入でした。

スレート瓦は瓦の裏面で雨水が広がりやすく瓦を留めている釘穴から水が入る事があります・・・

ですから、瓦メーカーはスレート瓦の施工には一定の屋根勾配を設けることが条件づけられています。

具体的には一般では3.5寸以上または寒冷地は4寸以上という屋根勾配をとる必要があります。

よって、それ以下の緩勾配であると次の写真の様に雨漏れに繋がる事がありますね・・・

瓦を剥ぐと雨漏れの痕跡がはっきり見え特に1階の屋根の角付近は多くの雨水が入り下地の桟木が大きく腐食していましたね・・・

次の写真は毛細管現象により雨水が這い上がった白いラインがわかります。

一枚の瓦には4か所の釘穴が見えますがここから小屋裏に雨水が入ったと思われます。

今回の工事では雨水の侵入を確実に止めるという目的で瓦棒という形状の板金屋根を葺く事にしました・・・

そうすれば緩勾配でも素材に繋ぎ目が無いため雨水が入る心配はありませんね。

お家を立てる際に屋根の素材を選ぶときは、デザイン性や耐久性、重量と耐震性あるいはメンテナンスなど様々な要素を考慮すると思いますが

屋根勾配と形状による雨漏れのリスクも考えて選ぶ必要がありますね・・・

それに大切な家だけに適切なメンテナンスを行いながら末永く守ってい頂きたいですね!

お家を守る秘訣は水を入れないことです、

みんさん是非守ってください・・・!

 

 

 

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ