冬時期の塗装工事について

こんにちは!

八幡西区を中心に外壁・屋根塗装を行っています、プロタイムズ八幡西店 (株)ナカガワクリエイト 外装劣化診断士の小川です。


先日まで雨漏りについてブログを書いていましたが、今日は少し趣向を変えて、冬時期の塗装工事について書いていきたいと思います。

時期によってメリットとデメリットがありますが、一般的に塗装シーズンと言われているのはです。

春と秋共に、気温と湿度が安定しているので、塗装を行うには良いとされています。

塗装工事を行う場合、気を付けないといけないことがあります。それは気温5℃以下・湿度85%以上の場合は施工を避けること。

各塗料メーカーが出しているカタログにも記載されています。単純に不具合が出やすいからです。

↓塗膜の膨れ・剥離

こういった形で不具合が出てしまいます。その他、色ムラなどもあります。

場所によっては条件をクリアできない時期もあるので、工事を行う際は十分に注意しておかないといけません。

では北九州市の場合はどうなのかというと、気象庁のデータを確認すると平均気温・湿度(相対湿度)はともにどの時期もクリアしていて、問題なく工事が行えます。(※「北九州市 平均気温」「北九州市 平均湿度」などと検索していただいたら、気象庁のデータを閲覧できます。)

塗装工事の作業時間はだいたい8:00~17:00の時間帯で行います。

気温は夜から明け方にかけては5℃を下回りますが、作業時間帯は5℃を超えています。

湿度はさすがに梅雨時期の6月は85%を超える年もありますが、梅雨時期以外は85%を超えることがありません。

なので品質に影響はないので、問題なく工事を行って大丈夫です。

ただし、気を付けないといけないこととして、素材の種類や材質によっては別の条件もあります。

それについては次の機会にブログでお話ししたいと思います。


外壁・屋根 塗装専門店

プロタイムズ八幡西店 ㈱ナカガワクリエイト

北九州市八幡西区千代ケ崎3-14-1

TEL:フリーダイヤル0120-957-882

FAX:093-601-7750

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ