銅板の穴あき(腐食)

おはようございます!

八幡西区を中心に外壁・屋根塗装を行っています、プロタイムズ八幡西店 (株)ナカガワクリエイト 外装劣化診断士の小川です。


今日は雨の為、施工はお休みです。

雨が降っているので、雨漏りについて書いていきたいと思います。

 

雨漏りは気づかないうちに起こっていることがほとんどです。

屋根から、外壁からなどなど。。。雨漏りが起こりうる場所は様々。

現在工事をさせて頂いているお家は和風のお家で、多くの銅板が使用されています。

玄関屋根

壁際の水切り

庇屋根など。

多くの銅板が使用されています。

同じように銅板が多く使用されているお家は多いと思います。

その他では、屋根の谷に銅板を使用されているお家も多いと思います。

谷が銅板の場合、気を付けないといけないこととして、

このように穴が開いてしまうことがあります。

近年の酸性雨の影響が関係しているといわれていますが、和風住宅の場合、屋根には日本瓦が使われています。陶器瓦やいぶし瓦など。

日本瓦に使われている釉薬が雨で溶け出し、銅板の穴あき(腐食)に繋がっているということが原因としてあげられます。

穴あきになっていると、そこから雨が躯体の中へ流れていき、気づかぬうちに雨漏りになっている、、、ということもあります。

穴あきについては、実際に屋根にあがり確認してみないとわかりません。

どう確認しても下から見ただけではわかりません。

なので定期的なチェックが必要です。

気になるという方はご依頼があれば、対応させていただきます。

 

今後は別の切り口から雨漏りについてブログを書いていきたいと思います。


外壁・屋根 塗装専門店

プロタイムズ八幡西店 ㈱ナカガワクリエイト

北九州市八幡西区千代ケ崎3-14-1

TEL:フリーダイヤル0120-957-882

FAX:093-601-7750

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ