シーリングについて

こんにちは!

八幡西区を中心に外壁・屋根塗装を行っています、プロタイムズ八幡西店 (株)ナカガワクリエイト 外装劣化診断士の小川です。


若松区の現場にて、シーリングの打ち替え工事を行いました。

窯業系サイディングが使われているお家ではよくシーリングが打たれています。

このようにサイディングの継目に打たれています。

モルタル外壁は煉り合せたモルタルをコテを使い外壁を作っていきますが、サイディング外壁はサイディング同士をつなぎ合わせていくので必ず継目が出来ます。

そのままにしておくと雨水が入り込んでしまい、外壁の痛みや雨漏りを誘発させてしまうので、シーリングが打たれています。

その他にもクッション材としての役割もあります。

窓廻りにもシーリングが打たれています。

硬い物通しが当たると傷が出来たり、割れたりしてしまいます。

地震はもちろんですが、トラックなどの大型の自動車が家の前を走るだけでも家は揺れます。

その時にクッションがなければ外壁が割れたり、窓廻りのサッシが傷つく、また形が変形してしまうことにも繋がってしまいます。

その為、シーリングが打たれているのですが年数が経ってくるとヒビが入ったり、割れてしまいます。

全てではないですが塗装工事の依頼がありお家を調査しに行くと、多くのお家でシーリングの割れが起きています。

シーリング単体の寿命は長く持っても10年程度です。塗装工事の依頼があるのは10年以上経過したお家からなので、シーリングが割れているのは必然だと思います。

割れたままになっているお家も少なくないと思いますが、そのままにしておくと雨漏りもそうですが、窯業系サイディングの劣化がすぐに進んでしまい、塗装工事では対応できなくなり外壁の張替工事になってしまいます。

最近では長く保つシーリングもあるので、詳しくはご連絡いただけらと思います。

単に打つだけじゃないかと思われている方もいるかと思いますが、手順を間違えるとすぐに剥がれが起きてしまったりするので、そのあたりも含めて一度確認されるのがよろしいかと思います。

 

最近は雨でなかなか工事がうまく進みませんが、焦らずに進めていきたいと思います。


外壁・屋根 塗装専門店

プロタイムズ八幡西店 ㈱ナカガワクリエイト

北九州市八幡西区千代ケ崎3-14-1

TEL:フリーダイヤル0120-957-882

FAX:093-601-7750

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ 受付時間 9:00~18:00 電話番号:0120-957-882
  • Fお問い合わせフォーム
ページ上部へ